東京青梅の地酒。眼下に多摩川の清流を望む奥多摩の清らかな自然息づく地で、品格のある酒を醸す。
その「澤乃井」醸造元から、とことん昔ながらの手法にこだわり抜いた「生もと純米生酒」が数量限定(3,000本)で発売されました。
それも昔ながらの木桶仕込みで醸されます。その木桶は、蔵の敷地内にあり「ご神木」と呼ばれていた樹齢300年の杉の老木が枯れかけていたのを、仕込み桶として蘇らせたものを使用しました。
原料米は、今ではほとんど作付けされていない、兵庫県産の「野条穂」(のじょうほ)という、木桶と時期を同じくして消えた酒造好適米。
仕込み面では、蒸し米を運ぶにも、モロミの温度管理するにも全て昔ながらのやり方にチャレンジして仕込んだとのこと。
酒造りの基礎「いろは」を改めて学びたいという想いで「彩(いろは)」と名付けられたこのお酒。
ご神木(木樽にした残り)製の「澤乃井」ロゴ入り下げ札が印象的で新鮮です。

東京都青梅市 小澤酒造

原材料

米・米麹

麹米

野条穂(復活米 兵庫県産)

掛米

野条穂(復活米 兵庫県産)

精米歩合

65%

日本酒度

-1

酸度

2,4

アミノ酸度

1,3

アルコール度

16,5度

酵母

蔵付き酵母

造り

生もと

味わい

微かな木の香り、優しく複雑な味わい。

720mL   2,100円(税込価格・送料別)完売いたしました。

要冷蔵(クール便でお届け)

商品を注文する

HOME 会社概要 お支払方法 FAXでのご注文 お電話でのご注文OK 入荷情報 日本の地酒リスト ベルギービール

春鹿「木桶造り 山廃純米原酒」(生バージョン)

春鹿から約30分の桜井市に位置する三輪明神 大神神社 は、酒の神様を祀り、造り酒屋のシンボル、杉玉(酒林)を授与している神社です。ご神体である山からこんこんと湧き出る水は、病気平癒に効く霊泉といわれ、水を求めて参拝する人も多いところです。原料米には、このご霊水が湧き出るこだわりの農家「みむろ農園」(神社の真横)で育てられたお米で仕込まれました。田植え以後の7月下旬、一度だけしか農薬を使用しないというお米と木桶の持つ不思議な力で造られた、ちょっと神秘的でロマンのあるお酒です。また今年3月に瓶詰めされ、ひと夏冷蔵貯蔵され熟成度が増したお酒になりました。
生酒特有の丸みのある香りとともに舌にまとわりつくような、シルキーな米の旨みと程よい甘みとともに酸味が口中に心地よく広がります。

原材料

米・米麹

麹米

ヒノヒカリ(みむろ農園:奈良県産)

掛米

ヒノヒカリ(みむろ農園:奈良県産)

精米歩合

70%

日本酒度

-12.0

酸度

2,2

アミノ酸度

2,0

アルコール度

16,0度〜16,9度

造り

山廃造り

味わい

心地良い酸味、優しく複雑かつ濃厚な味わい。

奈良県 今西清兵衛商店

720ml・・1,890円 個(税込・送料別) 完売しました
お支払い方法&送料

澤乃井「木桶仕込み 彩は(いろは) 生酒


浦霞 木桶仕込「貳百八拾號」(にひゃくはちじゅうごう)

「貳百八拾號」はお酒を仕込んだ木桶の番号より名づけました。

原材料

米・米麹

麹米

トヨニシキ

掛米

トヨニシキ

精米歩合

70%

日本酒度

+2.0〜+3.0

酸度

1,8〜1,9

アミノ酸度

1,8〜1,9

アルコール度

15,0度〜15,9度

造り

山廃造り

酵母

自家酵母
杜氏 平野重一氏
蔵元より(平成19年10月):酒造りの本質を追求するため、失いかけていた伝統的な木桶による酒造りを復活し、原点を顧みることといたしました。創業以来280年続く酒造りの精神を次の世代へとつなぐため、木桶の名に託しました。木桶仕込みによるお酒の復活は、先人達の遺産を未来へ継いでいく大切な文化の継承と考えています。
山廃酒母らしい深い味わいのある酸味が感じられやや濃醇タイプの純米酒です。常温でも美味しく頂けますが、お燗すると酸味と旨みが際立ち、バランスよく調和され、山廃仕込み独特の香りをお楽しみいただけます。お燗する際には、上燗(45度〜50度)が最適です。
お支払い方法&送料

容量720ml・・1,874円 個(税込・送料別完売しました
●宮城県・塩釜市 浦霞 木桶仕込「貳百八拾號」

●容量720ml・・1,874円
720ml・・1,890円