農口杜氏と語り合う

鹿野酒造仕込み蔵
山廃のいい泡が立っていました

甑倒し少し前の蔵です

常きげん

鹿野酒造   石川県加賀市

石川県に十数年に旅した時、偶然飲んだ加賀の地酒はこの「常きげん」。
石川の酒にしては、重厚さより切れのよさが印象的で美味しかったので、早々東京に帰ってきて蔵の方に電話して色々伺いました。
数日して純米から大吟醸まで店の方に届いたので、何本か開けて利き酒しました。米の味を十分に引き出していて、わりと淡麗なのには驚かされました。蔵のお話によると杜氏は越後杜氏で、この造り方は彼のやり方なのだという事で、なるほど石川の蔵でも、越後杜氏だとこんな感じで仕上がるんだな旨い酒だなと思い、何度かお取引させていただきました。
杜氏さんがあの農口尚彦氏に変わったというお話を聞いて、蔵に行ってみたくなりました。
店は東京のはずれ大田区にあるので、早々自転車でモノレールの駅まで行き羽田空港から小松空港まで行きました。一時間弱のフライト、下には雪を被った山々が見えます。
小松空港から、蔵元のある動橋(いぶりばし)駅までバスが出ていると思ったら何と、ないのです、遠回りですが小松駅までバスで出て、それから電車で動橋駅まで行く事にしました。バスの上すれすれに、自衛隊のF15ジェットキがものすごい爆音を響かせて飛んで行くのにはビックリしました。小松は基地の町なんだなと実感できる出来事です。
動橋駅を降り右に行くと鹿野酒造、左に行くと「大日盛」の橋本酒造と2軒造り酒屋があります。時間もあるので左から歩いて行こうと、テクテク歩き出して結構大きな蔵が目に入ってきました、これが「大日盛」なんだなと蔵を一周してテクテクと、こんどは川が見えてきました。川沿いは広大な田んぼが一面にあります、白山もまじかに迫ってみえます。
国道沿いにかなり歩いて(運動にはなりますが)、疲れました。鹿野酒造がある八日市町にようやくたどり着きました。来る途中の広大な田んぼは鹿野酒造のものでここで山田錦を栽培しているそうです。
社長さんに農口杜氏と色々お話しを聞いて一時がすぎました。利き酒をさせてもらいました。通常のレギュラーの山廃純米の3年常温貯蔵(ほったらかしともいえます)はかなり黄色で酸もぴちぴちしていて、新しい可能性のあるお酒だとかんじます。山廃純米は何本かは自分で古酒にするようにおすすめします、もちろん一升瓶は新聞紙に巻いて光りから守りましょう。あとは暗い所で常温でほったらかしにして置きましょう。
蔵はとても綺麗に整頓されておりコンパクトで、農口杜氏の使い易いようになっています。仕込み水は蔵の裏手にある蓮如上人ゆかりの井戸より、蔵の中に引きこみ冷却して使用しています。農口杜氏と発酵途中の何本かのタンクを見せていただきました、速醸系のもろみが2本と山廃系の物が4本ありましたが、農口さんの説明には山廃の泡は、速醸の泡より元気があっていきいきしている。まさにこうやってまじかで見ると山廃のタンクの泡は違います、速醸のは低くどんよりして元気がないです。
それだけ酵母の力が違うという事だといえるし、もろみの状態も安定しているからなのでしょう。さすが農口杜氏の醸す山廃は力があるなと実感して蔵を後にしました。帰りは小松空港まで車で送っていただいて機上の人に なりました。(飛行機の中で蔵元で少し頂いた300mlを飲んでましたが〜〜)

「常きげん」訪問記


能登杜氏四天王の一人、農口尚彦杜氏の得意とする山廃仕込は、無形文化財に値するほどの技術です。
その農口杜氏が、速醸系の日本酒とは味も格もまるで異なった味わい深い酒、山廃仕込みの酒「常きげん」を若い蔵人たちとともに醸す蔵が鹿野酒造です。

原材料 米・米麹
麹米 山田錦
掛米 山田錦
精米歩合 55%
日本酒度 +3
酸度 1,6
アミノ酸度 1,4
アルコール度  16,5度
酵母 自家酵母10号系
造り 山廃系
仕込み水 白水の泉(軟水)
「常きげん」 山廃純米吟醸
名匠農口杜氏の得意技、山廃仕込み充分に発揮した出来栄えの純米吟醸酒。
ぐっとくるコシの強いコクと、喉越しの切れ味は抜群です。
冷やしてあるいはロックでも負けません。ぬる燗でも美味しくいただけます。
これも長期間寝かせても、充分熟成するコシのあるお酒です。

要冷蔵(クール便でお届け)

720ml  1,732円(税込価格・送料別)完売しました
商品を注文する

官能のお酒です。酸も十分にありそれでいて穏やか、ライチや青さを含んだリンゴの香りがかすかにします。堅さはなく、含み香も十分に味わいと調和がとれていて、青空の中をつき抜けるような爽快感があります。後味もとても長く十分に楽しめる日本酒です。酸度2,5には驚きです、日本酒の可能性を内に秘めたお酒で、肉料理や中華、チーズにもあいます。

原材料 米・米麹
麹米 五百万石
掛米 五百万石
精米歩合 60%
日本酒度 +3
酸度 2,5
アミノ酸度 2,3
アルコール度  18,0度〜19,0度
酵母 自家酵母10号系
造り 山廃系
仕込み水 白水の泉(軟水)

「常きげん」山廃純米 無濾過生原酒 


容量1,8L・・4,200円 個(税込・送料別) 完売しました
お支払い方法&送料
再入荷は4月6日頃! 4/6入荷分完売しました
HOME 会社概要 お支払方法 FAXでのご注文 お電話でのご注文OK 入荷情報 日本の地酒リスト ベルギービール
要冷蔵(クール便でお届け)冬季通常便でOK

「常きげん」 ひやおろし純米生詰 1,8L・・2,940円
容量1,8L・・2,940円 個(税込・送料別) sold out
お支払い方法&送料
原材料 米・米麹
麹米 五百万石
掛米 五百万石
精米歩合 55%
日本酒度 +3
酸度
アミノ酸度
アルコール度  17,0度
仕込み水 白水の泉(軟水)
「常きげん」ひやおろし 純米生詰 22BY
●容量1,8L・・2,625円 個(税込・送料別) sold out
お支払い方法&送料
山廃酒母生成段階の温度管理と雑菌を繁殖させない技が、素晴らしい山廃のお酒を醸しだします。蔵に訪問した時、常温の3年古酒(市販製品を蔵で保存)を試飲しました。かがやくようなレモンイエロー、シトラスや若葉などの香り、味は円やかで角が取れていてスムーズ、アフターはほんの少し苦味がアクセントになり、あきさせません。
和食はもとより洋食にも最適ですし、コシの強いコクと喉ごしの切れ味は抜群です。ひや又はロック、ぬる燗がおすすめです。
何本かは、自分で古酒にしたいお酒です。簡単にできます、新聞紙で包んで日の当たらない、暗い所にただ置いておくだけです。1年&2年〜10年後に飲んでみましょう。
熟成します、絶対に!お試しください。
原材料 米・米麹
麹米 五百万石
掛米 五百万石
精米歩合 65%
日本酒度 +3
酸度 1,8
アミノ酸度 1,5
アルコール度  16,5度
酵母 自家酵母10号系
造り 山廃系
仕込み水 白水の泉(軟水)

「常きげん」  山廃仕込純米酒 

2012年1月下旬入荷しました!23BYの新酒です♪

●容量1,8L・・3,150円 個(税込・送料別) sold out
1,8L・・3,150円(税込:送料別)
要冷蔵(クール便でお届け)冬季通常便でOK
お支払い方法&送料
原材料 米・米麹
精米歩合 65%
日本酒度 +3
酸度 2,5
アミノ酸度 2,3
アルコール度 18,5度
仕込み水 白水の泉(軟水)

「常きげん」山廃純米 無濾過生原酒 23BY


2012年1月下旬入荷しました!23BYの新酒です♪